FC2ブログ

記事一覧

初のコンニャク芋栽培とコンニャク作製

今年より初のコンニャク芋栽培に取り組みまひた。5月14日に定植した芋が6月23日に芽吹きました。
6月23日温井コンニャク栽培
11月12日収穫、天日乾燥させて保存しました。来年5月また定植予定です(収穫には3年要す)。
コンニャク芋の保存
果たして、おいしいコンニャクが作製出来るか関心がわき一番大きい芋をでコンニャクを作製
してみました。インターネットで調べ、必要な道具をご覧のように揃えました。
道具一式
一番大きい芋を使用しようとタワシでよく洗い、重さは420gでした。
良く洗ったコンニャク芋420g
芋の3.3倍の50℃のお湯の中に、炊事用ゴム手袋しておろし金ですり下ろしました。
50℃1386CC(芋の3.3倍)におろし金でする
次に4gの水酸化カルシウッム(凝固剤)を100cc水に溶かし、一気に混ぜ合せました。
4gの凝固剤(水酸化カルシウム)を100CCの水にとき練り合わす
約40分間放置後、一気にのりかき(練り)を約1分間おこないました。
約40分間放置後のりかき(練る)
その後、トレイにうつし表面を手のひらで押さえ、空気抜きと表面を水平に整えました。
タッパーに入れ約20分放置後板コンニャクにカット
約20分後、板コンニャクのサイズにナイフで切り約40分間熱湯の中で茹でました。
30~40分茹でる
420gのコンニャク芋で、約200gの板コンニャクが11個(2.2Kg)取れました。
出来上がり200gの板コンニャク11枚(2.2Kg)
以上完成したコンニャクを、刺身コンニャクで試食しました。とても美味しかったです。
刺身コンニャクで試食
反省点は、ナイフで切ったはずのコンニャクが引っ付き変形した事です。味は良かったので
来年以降も自信もって栽培に取り組みたいと思っています。










コメント

コメントの投稿

非公開コメント